グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



HOME >  TOPICS >  ビタミンAは何にいいの・・・?

ビタミンAは何にいいの・・・?


正常な細胞を維持するのに欠かせないのが『ビタミンA』です。
『ビタミンA』は、脂溶性ビタミンの一種です。細胞の分化を正常化する重要な働きがあり、
皮膚・粘膜・目の健康・動物の成長にも関わる生命活動維持に欠かせない栄養素です。

このような方は『ビタミンA』が不足しているかも・・・
・肌トラブルが多い ・目、鼻等粘膜の乾燥が気になる ・視力低下が気になる
・目の乾燥で悩んでいる ・風邪をひきやすい ・ガン家系である
・感染症にかかりやすい ・婦人科トラブルが多い ・乾燥肌
・ニキビや吹き出物ができやすい ・アトピー性皮膚炎が気になる

ビタミンAの働き
粘膜を守る・・・のどや気管支の荒れ、炎症、ポリープ、胃腸のトラブル、婦人科系のトラブル、胃や子宮などのガン
骨や皮膚のつくりかえに役立つ・・・骨折、いぼ、ウオノメ、毛髪や皮膚の荒れ、うるおい不足、手やかかとの荒れ、アレルギー
視力のもとになる・・・視力の低下、夜間視力の低下(夜盲症)
肝機能の正常化・・・肝臓の線維化(肝硬変)
IgA抗体をつくる・・・感染症

     

ビタミンAが不足する原因・・・
①摂取量の低下⇨動物性食品の摂取量の低下やカロリー制限などダイエット志向によりビタミンAが不足します。
②需要量の増大⇨感染症や妊娠、成長期により需要が増大します。

ビタミンAが多く含まれている食品
・レバー ・人参 ・うなぎ ・モロヘイヤ ・ほうれん草