グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ >  TOPICS >  食べる順番の心得

食べる順番の心得


①肉や卵
 
②野菜
 
③おなかに余裕があればごはんを少し
「三角食べをしなさい」と言われた人は多いのではないでしょうか。
ごはんとおかずとみそ汁を、一口ずつ順番に食べる方法です。
でもこの方法だと、ごはんを食べすぎてしまい、
血糖値の急上昇につながります。

「血糖値を急上昇させないために、
  最初に食べてほしいのは食物繊維が豊富な野菜

                  というのが一般的です。

食物繊維が先に腸に入ることで、
そのあとに食べるものの消化がゆっくりになり、
血糖値の上昇もゆるやかになるのは確かです。

ただ、血糖値が気になる方の順番に関して当院では
「肉や魚を先に」(肉ファースト食)とお伝えしています。

なぜなら、食事で最も大事なのはたんぱく質だからです。

ごはんもできれば白米単独ではなく、
 卵かけごはんにしたり、納豆しらす干しじゃこ肉そぼろなど
 たんぱく質のおかずと一緒に食べることによって、
 血糖値の上昇がゆるやかになります。