グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



HOME >  TOPICS >  その人にとっての至適量

その人にとっての至適量


大切なことは、その人にとっての至適量(最も適切な量)の栄養を補うことです。

至適量は人によって違います。

たとえばビタミンや鉄を投与するとき、Aさんにとっては十分な量であったとしても、
Bさんにとってはまだ不十分な量であることもあります。

栄養素は少し補充すれば少し改善するというのではなく、
十分な量が補充されたときに初めて効果が出てくるのです。


血液検査の結果を詳細に読み解くことで、その人に必要な栄養素と量を導き出し、
オーソモレキュラー療法ではオーダーメイドで栄養補給をしていきます。